• TOP
  • 観戦ガイド(観戦マナー)

観戦ガイド

観戦マナー

1.お静かに...!!

選手がプレーに入るタイミング、キャディやボランティアスタッフのかけ声に合わせて、動きを止め、物音を立てない様にします。理由としては、他のスポーツと違い、ゴルフというスポーツは繊細で、プロであってもボールを芯でとらえ、遠く離れた目標に正確にボールを運ぶという事は困難だという事をご理解頂き、瞬間、瞬間で選手は相当な集中力を要します。

その為、ファンの皆様の協力無くしてはナイスショットもスーパープレイも生み出される事は無いですし、ナイスショットを皆様の力で作り出して行きましょう。

2. ナイスショット時のかけ声と拍手とその判断

ゴルフというスポーツは常に静かに観戦しなければ成らないとお考えの方が多く居ると思います。しかし、それは違います。一日中口を閉ざして黙って歩くだけがゴルフ観戦ではありません。海外のメジャートーナメントを観戦すればあらゆる場所で歓声も上がり、まるで野球やアメフト、サッカーのように選手と観客が一体感を持ってプレイを楽しんでいます。その方法とタイミングをお教えしましょう。

選手がティーグラウンドに上がって来たら、声援と拍手で向かえましょう。選手に人前でプレイを披露するという観られているという事を意識させる事で集中力とやる気を起こさせるのもファンの大切な役目一つです。そこでのファンに対する選手の対応や、スイングなど、自分の好みの選手を見つけ、追いかけて応援する事も良いと思います。
ティーショットの場合、選手が不満そうで有っても結果がフェアウェイに飛べばグットショットと声をかけたり、拍手を行いましょう。選手は高いレベルで意識を持たなければスーパーショットに結びつかない事を知っている為に不満を持ちますが、基本的に結果が良ければ嬉しいものです。不満に思う選手の気持ちをいち早く、前向きなメンタルに変えてあげられるのもファンの大切な役目です。
グリーンを狙うショットの場合、グリーンにオンすればパラパラとした拍手、10m以内登りのラインや1m以内にオンした場合は大きな声で叫んだり、ナイスオンやパチパチとテンポの良い拍手行いましょう。ブラインドに成り、見えないホールなどは特に選手はピンに寄ったか心配しながらグリーンへ向かいます。そんなストレスを取り除いてあげるのもファンの役目の一つです。
アプローチやバンカー等は、カップ2m以内にオンすれば、グットショットと声をかけたり、大きな拍手をしましょう。
グリーンに上がって来た時に選手の名前を呼びながらナイスオンというのも選手にリアクションさせ、選手を盛り上げる方法ですので、試してみてください。
パターの場合は、3m以上のパターが入ればナイスイン!バーディーの場合は、大きな声でナイスバーディーと声をかけてあげましょう。派手なガッツポーズやリアクションをさせるのもファンの役目の一つですし、選手と喜びを共有する事はスポーツ観戦の醍醐味ですので、選手に良いプレイ、エキサイティングなプレイをして貰える様にファンも楽しんで応援して行きましょう。

ページ上部へ